ダウン症 赤ちゃん

スポンサードリンク

ダウン症と赤ちゃんの顔

ダウン症は遺伝子の異常によって発症する病気で、その主たる特徴は顔の造作に出ます。つまり、赤ちゃんのうちからダウン症であることは一目で見て取れることになります。

 

実際、赤ちゃん以前の、胎児のうちからダウン症ではないかというチェックが入るのは、レントゲンや超音波映像でまだ完成していないはずの赤ちゃんの画像にも顕著な特徴が見て取れるからです。もちろんまだ未完成ですから、はっきりと断言できるわけではないのですが、この疑いが出たら医師はそのことを両親に告げて、確認するための検査をするかどうかの決断をゆだねることになっています。

 

ダウン症の赤ちゃんは、人生の最初においてかなりのハンデを負うことになります。本人だけでなく、その世話をする両親についても普通の子より多くの障害が出てくることが予想できるわけで、よって堕胎するなどという決断をするとしたら、それは両親の責任になります。医師は、この件については口出しをしてはならないことになっています。

 

もっとも、大半の親はそんな検査を拒むそうですし、検査してダウン症であることが判明したとしても、母親というものは胎児が動くようになるともうそれだけでダウン症とかはどうでもよくなってしまうようです。まあ、子供を産み育てるというのは生物の本能ですから、ダウン症程度でその本能が拒まれることはないのでしょう。

 

ダウン症の赤ちゃんはハンデを背負っていますが、それは他の子供達や両親も同じです。ひとつの障害に過ぎないと思えば、大した問題ではないように思えてくるから不思議です。

スポンサードリンク