ダウン症 原因

スポンサードリンク

ダウン症児が生まれる原因は

ダウン症とは遺伝的な欠損により特徴的な気質や外見をもって生まれることですから、その原因はまず遺伝子的な問題が考えられます。この場合、先天的なものと、受精時に何かの理由で欠損が起こってしまうというものが考えられますが、両者とも結果は同じです。

 

ダウン症という病気は、そもそもそういう病気があるというよりは症状の総称のようなものです。ダウン症とされる人に共通している特徴を備えている人が、逆にダウン症患者とされているわけで、よってダウン症と診断されてもそのすべての特徴を備えているわけではありません。

 

ダウン症の子供が生まれる原因としては、まず両親のどちらかもしくは両方の遺伝子に問題がある場合です。この場合、母親の影響力が圧倒的で、父親の遺伝子に問題がある場合の百倍の影響があるとされています。

 

また両親ともに問題がなくても、受精時の遺伝子結合時に何かの理由でうまくいかず、欠損を残したまま細胞分裂が始まってしまうことがあります。この場合、大抵は遺伝子の欠損によって卵が正常に育たないため、ある一定の時期まで成長すると流産したり、あるいは死産したりすることが多いのですが、ダウン症はその欠損の程度が少ないために、誕生して成長しつづけられる軽度の遺伝子異常であるとも言えるわけです。

 

尚、ダウン症児が生まれる原因のひとつに、母親の年齢があげられていて、受精/出産時の年齢が高齢であるほどその確率が高いとされています。

スポンサードリンク