胎児 ダウン症

スポンサードリンク

胎児でもダウン症と判る

胎児のレントゲン写真や超音波映像をみて、ダウン症ではないかと医師がチェックすることがあります。この時点ではまだ遺伝的な検査は行っていませんし、胎児や母親にも問題は出ていないのですが、なぜそんなことができるのかというとダウン症の人の顔には顕著な特徴が出るからです。これは胎児の段階においても既に出ています。

 

胎児がダウン症ではないかと疑いを持った医師は、その旨を両親に告げて、検査を行うかどうかを聞いてきます。普通の病気なら検査するのに別に両親の意志を確認する必要はないのですが、ダウン症については微妙な問題があります。まず、ダウン症というものは厳密に言えば病気というより体質とか条件などに分類されるものだということです。

 

例えは悪いですが、生まれてくる子供の頭が悪いかもしれない、という疑いがあるのと似ています。検査でそれを判別することは出来ますが、判ったからといって治しようもなく、というよりそれはもうその胎児の条件であるのですから人がどうのこうの言うべきものではありません。胎児のその後の人生には大きなハンデが予想されますが、駄目だと決まったわけでもないので、医師としては決断を親権者に預けるしかないわけです。尚、検査しなかったからといって別に出産自体に問題が起こるわけではありません。

 

胎児のうちからダウン症と判明してしまったら、親としてはそのまま産むか、あるいは本当に嫌な話ですが堕胎するかという決断を迫られます。その件については、両親の意志がすべてになりますから、親になるのには覚悟が必要です。

スポンサードリンク