ダウン症 羊水検査

スポンサードリンク

ダウン症の羊水検査とは

胎児がダウン症か否かを確認する方法として、羊水検査があります。これは、母体の羊水を採取してそこに含まれる染色体を調べる方法で、これによって胎児がダウン症である確率が判明します。確定ではなく確率なのは、羊水に含まれる染色体が胎児のものか母親のものかがわからないからで、複数の染色体を検査することでこの確率を高めています。

 

尚、羊水検査は義務ではなく、医師が高齢妊娠や胎児が重篤な疾患に罹患する可能性のある場合の妊娠等において、夫婦からの希望があった上で検査の意義について十分なカウンセリング等による理解が得られた場合にのみ、実施するとされています。

 

つまり、胎児がダウン症であるかどうかを確認するという決定は、夫婦がはっきりとその意義と危険性を認識した上で行うべきものとされているわけです。ただし、羊水検査で胎児や母胎に危険が及んだり、また流産する可能性が高まることはないとされます。

 

羊水検査は、かなりの高確率でダウン症の可能性を示唆します。つまり、この検査を行うに当たっては、たんにダウン症かどうかを確かめるという以上に、もしダウン症だった場合にどうするか、育てるにあたっての苦労などを覚悟するかという決断が求められるわけです。もっとも、ここで確認しなくても生まれてしまえば否応なく対処しなければなりませんから、むしろ早いうちに覚悟を決める方がいいという考え方もあり、大抵の人は羊水検査の実施に前向きになる傾向があるようです。

スポンサードリンク