循環機能 持久力

スポンサードリンク

循環機能と持久力の関係

循環機能とは、肺による酸素の取り込みと、心臓による血液循環を指していったものです。この機能は、心肺持久力つまり全身持久力に大いに関係しています。

 

人間の身体は、基本的に肺から取り込んだ酸素を心臓が循環させる血液に載せて全身に送り出し、そのおかげで全身の細胞は酸素を取り込んで機能を維持することができるわけです。運動するにしても、筋肉は自分では酸素やエネルギーを取り込んだり生産したりできないため、どこからか送って貰わなければなりませんが、その役目を循環機能が担っています。

 

一方心肺持久力とは、一定の運動を継続するために効率よく普段より大量の酸素を体内に取り込み、それを全身の細胞に送り込むことで筋肉の活力を維持することで実現する機能です。普通の生活の時でも循環機能は働いているのですが、持久的運動を続けているとその活動が跳ね上がることになります。

 

単純に考えると、要するに高出力で筋肉を動かし続けるためには普段より多くのエネルギーが必要で、そのエネルギーを得るためにはより多くの酸素を消費するため、心肺機能により多くの酸素の取り込み・循環が必要になるということです。よって、持久力を高めるためには心肺機能つまり循環機能を強化することが重要になります。

 

循環機能は不随意運動ですので、人が意識して高めることはできません。やはり、普段から高い負荷をかけて運動し続けることで、循環機能も自然に強化されるわけです。

スポンサードリンク