最大 酸素 摂取量 持久力

スポンサードリンク

最大酸素摂取量と持久力の関係

最大酸素摂取量とは、読んで字のごとく身体が酸素を取り込める最大量のことであり、持久力の指標として広く用いられています。なぜ酸素の摂取が持久力につながるのかというと、身体がエネルギーを作り出すためには酸素が必要であり、取り込める酸素が多いほどエネルギーが大量に生産できて、持久力がそれだけ高まるからです。

 

そもそも身体が運動している場合、運動を開始してから20分程度は無酸素運動を行います。これは、体内にすでに使いやすい形で存在しているエネルギーを使用して行う運動のことです。しかし、20分を過ぎても運動を続けていると、身体は自動的に体内のエネルギーを使い切ってしまうことを防ぐために有酸素運動に移行します。有酸素運動というのは、体内に取り込んだ酸素を使って脂肪を燃やし、エネルギーを生産して運動に使用する機能です。ダイエット本には有酸素運動になってからが勝負だなどと書いてありますが、それはつまり無酸素運動中は脂肪を燃やさないため、ダイエットにならないからです。

 

さて、有酸素運動を行っている場合、運動強度が高くなると、それに必要なエネルギー(酸素需要量)が高まり、それに従って取り込む必要がある酸素摂取量が増加します。最大酸素摂取量とは、身体が取り込める単位時間あたりの酸素の最大値です。これは体内で作り出せるエネルギーの最大値を意味し、それはそのまま持久力に直結するため、指標として広く用いられています。

スポンサードリンク