心肺持久力

スポンサードリンク

心肺持久力とは

心肺持久力は、一定の運動を長く続けることができる体力や粘り強さのことです。全身持久力とも呼ばれていて基本的な運動機能のひとつとされ、筋力、瞬発力、柔軟性、調整力と並ぶ重要な要素です。

 

心肺持久力は、単純に言えば心臓や肺の機能に依存する身体のスタミナや粘り強さのことですが、有酸素運動能力と密接な関係にあります。運動中の酸素消費量を測ることで、有酸素性運動で消費されるエネルギーを推定出来るため、最大酸素摂取量という指標が作られています。

 

持久力といっても、単に筋肉を鍛えるだけではすぐにエネルギー切れになってしまいます。車で言えば、安定性のあるエンジンを積んだとしても、ガソリンタンクが小さいとすぐに燃料切れになってしまうようなものです。よって心肺持久力を伸ばすためには、当たり前ですが心臓や肺を鍛える、というよりは有酸素性運動能力を伸ばすことが大切です。

 

心肺持久力を高めるには、運動強度が低い運動を可能な限り長時間持続し、さらに最大酸素摂取量の40%以上を確保することが必要とされています。ジョギング、水泳、サイクリングが最適とされています。

 

心肺持久力強化のトレーニングを行うと、肺や心臓の働きが強化されるのはもちろん、毛細血管が発達して酸素の運搬能力が高まり、長時間のエネルギー供給が可能となります。これにより、心肺持久力が高まるだけではなく、生活習慣病の予防に効果的であるとも考えられています。

スポンサードリンク