持久力とは

スポンサードリンク

持久力とは

持久力とは、基本的には長期間現状を維持できる能力と言うこともできます。ただ、この表現では寝ている時も持久していることになってしまうため、現実には「運動を長期間行える力」というような表現になります。

 

ただし、普通の人が持久力という言葉を聞いて思い出すのは、どちらかというと静的なイメージでしょう。戦争にも持久戦という表現がありますが、これは敵味方が相対したまま、お互いに拮抗している状態です。わざと止まっているわけではなく、お互いに空いてを押そうとしているのに力が同等なため、動くに動けない状態です。

 

実際、持久戦は大抵相手が音を上げるまで頑張るというのが基本です。力とともに、精神力が問題になってくるわけです。というわけで、持久力というものは単なる力とか押しまくるパワーではなく、むしろ相手に負けない力、およびその力を長期に渡って維持できる能力、という定義ができそうです。

 

持久力で重要なのは、正面戦力ももちろんですが、むしろ背後の支援です。つまり、いくら前線で互角にやりあっていたとしても、補給が続かなければすぐに力が抜けて突破されてしまいます。表に出ている力だけではなく、それを維持するための支援体制が整っていてこそ、持久力は発揮できるというものです。

 

あとは、まだ力が残っているのに諦めてしまう、というような精神的な弱さがくせ者です。このような弱点がある場合、持久力には相当の難があるとされます。

スポンサードリンク