持久力 アップ

スポンサードリンク

持久力をアップさせるには

持久力をアップさせる方法について、スポーツ医学などでは色々と研究が行われているようですが、それは根本的なものではありません。もちろん、基礎体力や心肺機能、循環機能が優れていて、かつ筋組織や骨格が優秀な人が持久力においても有利なのは当然ですが、それがそのまま持久力の優劣につながるわけではないのが面白いところです。

 

昔の少年漫画には、根性ものという分野がありました。理屈はよく判らないながらも、少年たちが厳しい練習をしたり無茶な特訓をしたり、また忍耐力や体力の限界を破りそうな練習をして、最初は弱かった者が強くなっていくという内容です。

 

これは漫画だから、ということであまり信用されていませんでしたが、実際にはそういった理屈から外れた厳しい訓練や練習で強くなったスポーツ選手は多いわけです。特に、瞬発力が要求される分野ではなく、忍耐力や持久力が必要なスポーツでは、体力より精神力を鍛えるような練習をこなしてきた人が勝つケースがよくありました。

 

理論的に言えば、やはり適切な練習を行った人の方が持久力を培えるはずです。しかし、人間は機械ではありません。身体能力が同等か、あるいは多少劣っていたとしても、精神力で勝っていれば勝てるというケースがあります。

 

持久力は、まさにその精神力、端的に言えば「根性」がものを言う機能です。理屈を越えたところで最後に勝利を手にするのは根性が勝っていた者だという事実は、漫画だけではありません。持久力アップには、根性を鍛えることが早道です。

スポンサードリンク