有酸素運動 持久力

スポンサードリンク

有酸素運動と持久力の関係

有酸素運動とは、ダイエット本によく出てくる言葉ですが、主に酸素を消費する方法で筋収縮のエネルギーを発生させる運動をいいます。これは心肺持久力に大いに関係する運動で、十分に長い時間をかけて呼吸や循環器系機能を刺激し、身体内部に有益な効果を生み出すことのできる運動という定義もあります。

 

運動によるダイエットの解説には、有酸素運動でなければダイエットにならないと書かれています。人間は適度な運動(自転車漕ぎなど)を開始してから20分程度は無酸素運動を行い、その後に有酸素運動に移行します。つまり、酸素を消費する運動こそが脂肪を燃焼させ、ダイエットにつながるということです。

 

簡単に言えば、無酸素運動をしている間は体内にグリコーゲンなどのすぐにエネルギーに変わる栄養を消費しているのですが、20分も運動し続けると一時的に蓄えられた燃料が尽きて、脂肪などの形で体内に蓄積されたエネルギーを使うことになります。これは本人が意識して行うのではなく、身体が自動的に切り替えるわけです。

 

脂肪を燃焼させるためには酸素が必要で、心肺機能によって多くの酸素を取り込んでエネルギーを作り出しますが、そのためには心臓や肺の機能が強化されていなければなりません。逆に言えば、心肺機能の強化は持久力を伸ばすことにもつながります。

 

ダイエットには有酸素運動というのも、それが脂肪を燃焼させるからです。無酸素運動の間は体内の脂肪には手をつけていないため、ダイエットになりません。

スポンサードリンク